中小企業や中小企業で働くサラリーマンは近い将来、絶滅する。

私は斜陽産業の業界にいる

中小企業で勤務しているんですが

数年前からいろいろなことを

勉強するようになりました。

理由は、会社の代表者が替わり

わたしはその人間の人間性を

長年見てきたので

「この会社も長くねーから

 食える方法を学ばねば」

と思ったからです。

案の定、40人いた会社は瞬く間に8人になり

8人中5人が役員という

子供の戦争ごっこみたいな会社

(みんな肩書があって兵隊がいない)

になっております。

最近、新規事業をたちあげるために

新たに2つの技術を勉強しているんですが

働き方ってこれから激変するなと感じております。

おそらくこれから大企業はもっと大きくなり

中小企業というものは生き残っていけないと

ひしひしと実感しております。

総務庁「事業所・企業統計調査」によれば

中小企業数(会社数+個人事業者数)は、約432.6万社。

全企業数に占める割合は99.7%です。

同調査によれば、中小企業の会社数は約150.8万社で

全会社数に占める割合は99.2%です。

これら99.2%の中小企業に勤務するサラリーマンは

一体どうなるのか?

おそらく何らかの技術や能力を持つ人だけが

個人事業主としてやっていけるでしょうが

サラリーマンでお金をすぐにいただける

技術や能力を持っている人って

ほとんどいないと思います。

実際に私が今やっている仕事は

私以外の誰にでもできる仕事ですし

そんな私が失業した場合、私が就ける仕事は

誰にでもできる仕事以外にありません。

私が今、学んでいる技術は

ほとんどの場合、私より年下の方が教えてくれています。

みなさん教え方が上手な方ばかりなので

その点が非常に幸運ですが

勤務先の寿命より先に現在勉強中の

3つの技術を習得する必要があります。

また、これからコンピューターが

人の仕事を奪うと言われていますが

学んだ技術が科学の進歩によって

なくなる可能性を踏まえると

身につける技術は、数年後も確実にニーズがあり

その上、一つの技術だけでは

リスクヘッジができません。

これから、日本経済がどうなっても

自分の技術で食え、収入の柱を3つほど

キープすることで

心地よい暮らしが送れるように

なりたいものでございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


夫に離婚を思いとどまらせる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする