人生で残された時間が短いことを悟った時、人は・・・

先日、深夜に学生時代の先輩から電話があり

珍しく起きていたので、出たところ

かなり酔った状態でして

しきりに

「俺たち、そろそろ何かしようぜ。

 もう今まで生きた時間以上には

 間違いなく生きられないんだから」

という内容を

酔った人間特有のくどさで

繰り返し力説しております。

そこで、何をするのか聞くと

いくつか案が出てくるんですが

①アメ車は維持費も高いから、ハーレーを買う。

②刺青は痛いから、タトゥーを入れる。

という、出来の悪い中学生みたいな

案しか出てこない。

正直、眠いんで

「勝手にハーレーでもアメ車でも買って

 スミでもなんでも一人で入れてちょうだいよ」

なんですが

「もうちょっと、アカデミックなやつにしません?」

と言うと

「アカデミック?

 うーん・・・写経とか?」

とピントがずれたことを言ってきて

最終的に

「ハーレーより安いだろうし

 タトゥーより痛くないから

 アカデミックにダイビングでもするか」

という着地点に落ち着いたんですが

ボクちゃん、足つかないところで

泳げないんですよ、怖くて。

人は残された時間の短さを知ると

愕然とするものですが

偉大なことを成した人って

概ね時間の短さを意識しながら生きたそうですから

これからは時間を意識して生きたいものでございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

借金の相談を佐賀でするなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする