癌になった女と、別居男の恋

学生時代の同い年の友人(女)が

ガンになりまして

昨年末に開腹して胃を全摘したんですが

国立がんセンターに入院前に

その旨をLINEしてきました。

すぐに見舞いに行ったんですが

事前に欲しいものを聞いても

「何もない」

とのこと。

スマホがあれば音楽も映像もゲームも

全部、事足りる時代。

コンテンツの終焉を感じましたね。

病院について、花を買おうとすると

生花は禁止。結局、持参したのは

「蒸気でアイマスク」とお守りだけ。

最初に見舞いに行ったときは

思ったより元気でしたが

胃カメラの画像を見ると

素人が見てもタダゴトではない

マグロの目玉みたいなデカい潰瘍が

胃の入り口にできている。

彼女は独身なんですが

「誰か会いたい人間はいるか?」

と聞くと

「Aに会いたい」

と言う。

Aは私と彼女の共通の友人で

彼女は学生時代からAのことが好きでした。

Aはすでに結婚していて子供も二人いるんですが

奥さんが凶暴な人で、今は別居状態。

病院を出て、Aに連絡すると

勤務中とのことなので、勤務先まで迎えに行き

そこから一緒にAの実家の奥多摩方面までドライブ。

彼女の入院・手術や「会いたい」旨を話すと

見舞いに行くとのこと。

Aは私より二つ年上なんですが、学年は一緒

おおらかでとても優しい男なんですが

優しすぎたのか、恐ろしい女性と別れることができずに

子供を二人も作ったうえで、追い出されるように

今は実家暮らし。

私の奥さんは、Aの奥さんの友達なんで

Aの鬼嫁は、恩人と言えば恩人なんですが

Aの悲惨な現状を思うと

鬼嫁と、とっとと別れて

癌になった彼女を幸せにしていただきたい

というのが正直な気持ち。

Aの奥さんは、周到に準備すれば

親権も取れるレベルの鬼っぷりなんですが

離婚は結婚の10倍大変だって話ですからね。

そう思っておりましたら先程

Aと癌になった彼女から

私が勧めた「君の名は」を

一緒に見に行ったとの連絡がありました。

子供も絡むので

全員が納得できる着地点というのは

見つけにくいでしょうが

どうにか二人には幸せになっていただきたいと

願うばかりでございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

個人再生を滋賀県で検討しているなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする